スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この学科最後の「卒論中間発表会」 

毎年恒例の「卒業論文中間発表会」が12日、13日の二日にわたって行われた。今年の卒論提出予定者は28名ほど。一人約25分の持ち時間で発表及び質疑応答。
残念ながら、僕が最初に採用されたこの「国際文化学科」は廃止が決まり、今年が最後の中間発表会(来年からは教員は吸収された先の卒論中間発表会に出席することになる)。
最後だからか、普段厳しい先生方も手加減なさったか?僕の予想よりはよほど柔らかい感じで、初日の午前中から午後に書けてはサクサク進行していく。学生側のディフェンシヴな発表形式も「炎上」しなかった大きな要因なのだが。要するに「ここまで調べました。この先は今からやります。ごめんなさい」と最初から白旗ちらつかせつつやる発表、と意地悪く評することもできるだろう(僕だってよくやるけど)。そうなると教員側も「じゃあこれから頑張ってね」と言うしかないよなw。それに大体事前に先生に見ていただいているので、発表そのものが大きく崩壊しているのも少なかったし。
てなわけで、二日間も一日中発表を聞く。二日目は僕のゼミ生が半分以上を占めるので、こっちもかなりの緊張を強いられる(笑)。昔は学生と一蓮托生に他の先生に叱られて、コーヒー飲めなくなるくらい胃を痛くしたものだ。だが、僕の予想以上に同僚が年をとって優しくなったのか、学生たちの発表がましだったのかは判断に苦しむところだが、「これはひどいね」という発表もコメントもほとんどなく(一部ひどい発表はあったのだが、はっきり言って想定内。教員側からの理不尽な言いがかりに思えるコメントもほとんどなかった)、この学科最後の中間発表会は無事平穏に終了。僕としてはちょっと拍子抜け。最後だから多少(あくまで、多少、ですよ)「炎上」してもよかったのに、なんて人非人的なことを思ったりもする。

告白しちゃうけど、以前はこの発表会の場で結構教員同士で喧々囂々のやりとりをしちゃったりもしていたのだが(習ってきたディシプリンがバラバラだったので、正直相容れないことも多かった。一種の「代理戦争」をさせてしまった学生にとってはいい迷惑だったよね。今更だけど済まない)、何年も一緒に仕事していると「あの人はああいう(指導を行う)人だから」とお互いに諦めの境地になった、というのもあるかも。要するに、お互い「頑固者同士」だったってことですね(笑)。僕自身は、他分野のやり方も「あり」とできるだけ考える方だと思うのだが(以下自粛)。

終わった後は、毎年の事ながら僕の方が「飲まなきゃやってられない」心情になるので、学生たちの打ち上げの場に無理矢理参加させてもらうことにする。一部の学生は僕の顔なんて見たくもなかったかもしれないが(笑)。
一次会は北山駅前の焼き鳥屋で、食べ盛りの学生さんたちと行って、しっかり散財(まあ、これも想定内)。その後二次回は、女子学生数名に囲まれて(というか、男の子がみんな帰っちゃった)ロイヤ○ホストでデザートとおしゃべり(パフェのたぐいを数年ぶりに食べる)。ここもちょっぴりおごる。
スポンサーサイト

これで、最後か 

今日は僕が所属する一方の専攻(現在、二専攻を兼担)の修士論文中間発表会。
この専攻は中国人留学生が伝統的に多く(なんたって、国際文化専攻、という名前だったのだから)、今日の発表者の4人中3人が中国人。
そして、困ったことに、中国人留学生の諸君の研究が、僕にとって「It's Greek for me」な感じ。江戸時代の文学とか(これは当然M利先生の指導)、王陽明の思想変遷(これは当然N先生の指導)で、この三連発は正直頭が朦朧としていてろくに質問もできなかった。済まない。最後の、僕が指導するH川君の発表(大本教についての発表)は、お役目と思って色々質問する(奴は事前に何の相談もしてこなかったので、僕としても初めて見るようなものだったが)。

淡々と3時間半ほどで発表会は終わる。今回は非常に穏やか。
この専攻は今のM2の諸君が修了してしまうと廃止になるので、このような中間発表会も、この専攻ではこれで最後、ということになる。もちろん我々教員は、今後も別の専攻に所属して、そこで中間発表会は延々聞くことになるのだが、今日は一抹の寂しさを感じて、先生方もあまりきついことが言えなかったのではないかと邪推している(これは、卒論中間発表にも言えることだと思うが)。僕は7回中間発表会に参加したことになるが、これは実は、この短い命で終わってしまった当専攻全ての中間発表なのだ(今まで出た修論一覧はこちら)。僕が赴任したのが、この専攻が発足して2年目だったので。もちろん同僚の中には、最初から最後まで、という方が大半だ(僕とM利先生、I上先生、定年で辞められたA阪先生、Y田先生、S川先生以外は全員、ということになる)。その方々の胸に去来するものはどんなものだっただろうか。
みんな帰宅して誰もいない4号館で、少しセンチメンタルな気分になりつつこの文章を書いている。

今はしばし休め 

卒論中間発表会の二日目。
我々教員も、学生諸君も疲労が顔に出てしまっているが、大人になるための「通過儀礼(通過儀礼は分離、象徴的死、再生、という三要素が不可欠だが、果たしてこの発表会はそうなっただろうか?)」はこなさないといけませんので、淡々と進む。
僕などは、今日は自分が指導していない諸君ばかりだったので、却って気楽に不躾且つ無礼な質問を繰り出す。

司会者のM利先生のご人徳とご性格のせいで、予想以上にサクサク進行して、予定時間より早く終わってしまう。去年の我々の長引く「お説教」(ある学生の発表で、我々の「説教したい欲」に火がついてしまった事件というか、「事故」があった)を知っているみなさんにとっては拍子抜けだっただろう。実際、N山さんなどは「こんなにサクサク進んで良いんですか。今見ている3回生がこんなもんか、って来年なめてかかりますよ」とお節介な心配をしてしまうほど。まあ、大体歴史は繰り返すんだよね。「ものすごく先生方がエキサイトして大荒れ」→「それを見ていた3回生は、翌年まあまあ手堅い発表を心掛ける」→「比較的穏やかな発表会を見た新しい3回生は発表会をなめる」→「再び大荒れ」というループというか、サイクル。
最後にM利先生が「デジャヴ」とおっしゃっていたが(笑)、毎年同じことで僕たちはひっかかるんだよね。一番多いのが「先行研究をまとめたのは判ったけど、君の意見は何処?」というもの。それをこの3ヶ月で考えてください。とりあえず、今はしばし休め、とゲッセマネのイエスの気分です(今から、僕こそ「飲まなきゃやってられない気分」なので、学生諸君の打ち上げに乱入しますが)。

卒論中間発表初日 

さあ、今年もやってきましたよ、この季節が。
去年のあれからもう一年か、と思うと、ホント、あっという間という気がする。
今日も朝から十数名が大人しく「被告席」について、厳しい検察官(大体他分野の先生)からの質問やら、弁護人(たる指導教員)から軟着陸に至れるように手ほどきされたりと、毎年おなじみの光景。
僕が指導している諸君はほぼ全員今日で発表が終わったので、ある意味それほど荒れなかったことにほっともしているが、一面物足りないというか、他の先生方もけっこう丸くなったなあ、と感慨ひとしきり。
これのおかげで講義が休みなのは良いのだが、全く知らない分野の話を聞くことにもなり、楽しさ三分の二、つらさ三分の一といったところ。
壇上に立つとさすがにみんな緊張するようで、いつもは明るく度胸がありそうな学生が「ああああああ」という感じで慌てたり、テンパっちゃって先生からのアドヴァイスが全く耳に入らない状態(外からはよく見える)になったり、けっこうもろさを露呈したりする。もちろん、逆に落ち着き払っているのもいますけどね(そういうのは自信があるか、「ここまでしかできなかったんだから」という形で開き直っているかだと思うけど)。僕から見れば、事前にレジュメを見た学生は「この辺突っ込まれるだろうな」と僕が予想したことろがずばり突っ込まれていたので、意外性はほとんど無し。

でも、実は今日の発表会より、その直後に行われた三時間にも及ぶ生協理事会の法が体力を消耗したというのは内緒だ(笑)。もう、長いよ・・・。最初「ビール飲んでから就寝」と思っていたけど、今のところ「泡盛の水割り飲んでから就寝」に格上げ(なほど疲れています)。さて、帰るか。

卒論無事提出!! 

どうなることかと思っていた今年の卒業論文、無事全員が提出を果たした。学年担任としては肩の荷が下りた感じがする。先週の学科会議で各先生から語られた恐怖の進捗状況からよくも持ち直したものだ(今だから言うが、先週の会議で「あの子、本当に書けるのか」と心配されていた面々は片手では足りない)。まるで政治家のように「私の不徳のいたすところであります」なんて担任として謝らずに済んだぜ。まあ、みんな出したことは出したが、その内容が重要なのは言うまでもないんだけどさ。今はそれを言うまい。
ちなみに今年、僕が指導した学生諸君の卒論タイトルを列挙すれば以下の通り。

・I子さん 「世界連邦運動」―その歴史と現状―
・O澤Aさん 犯罪に見る現代の対人感情の在り方について―現代社会が抱える「問題点」の語られ方を中心に―
・O澤Sさん 報道傾向から見る各マスメディアのスポーツに対する価値観の違い―ジダンの頭突き事件とそれを巡る報道からの一考察―
・OB澤さん マンガのなかのジェンダー観
・T野さん ジャーナリズムの「職業倫理」を模索する―事件報道にみる発達障害―
・H沖さん 文明開化期の法制度による庶民生活の変化
・F原さん 近代小学校における洋装化の過程―京都市を例にして
・Y村さん 「国家神道」の成立と民衆への影響
・W竹君 日本におけるジャズの受容


以上9名。毎年言っているけど、今年は特にバラバラさ加減がひどい。色んな知識を学生から与えられた、と麗しく表現したいところだが、お互い手探り状態であったのは否めない。
ともあれ、君たちもゆっくり休みなさい(それどころか、打ち上げしているころだろうけど)。
僕も久しぶりに人間らしくちょっと休ませてもらうよ。

中間発表無事終了! 

今日は卒論中間発表の二日目。
眠いけど、司会者の僕は遅れるわけにも居眠りするわけにもいかない。
今日は合計12名の発表を聞くことになったが、全体的なことを言えば、思ったより場は荒れず、無事に終わった、というのが第一の感想だ。二年前、三年前は相当荒れて、僕もちょっと卒論中間発表に対して攻撃的に臨んでいたのだが、さすがに我々教員も大人になったのか、それともこの十年間で叱るのに飽きたか疲れたか判らぬが、去年同様程々で済んだ(恐らく卒業生が今年の様子を見たら「ずるい、私たちの時はあんなにひどかったのに」と憤慨することであろう)。

昼ご飯を同僚のM利先生と食べていたのだが、先生が「今年は全体的に穏やかやねえ。みんなどないしたんやろうねえ」と感慨深くおっしゃっていて笑った(とはいえ、M利先生は休憩時間の折には、先輩の発表を見に来た3年生以下に対して「毎年同じようなことで怒ることになって、教訓が継承されないんだよねえ」ともおっしゃり学生達を静かにびびらせていたが)。
勿論、穏やかと言っても、サンドバッグとまでは言わぬが、相当色々指摘されて落ち込んだ学生もいた。まあ、これも自業自得。ディフェンシヴに振る舞えなかった自分を反省するしかない。

僕自身は、前日にも書いたが司会者として火だるまになった学生を救うべく、心の中に「消火器」を用意していたのだが、出動する機会はついぞなかった。ま、一旦火だるまになって炭になるまで燃えて、その灰の中から不死鳥のように復活せよ、とは思うが(しゃけ、S田さん、君たちのことを言っているのだよ)。
今日は昨日に比べて先生一人一人の「お説教」が長くなる傾向があり、予定時間がどんどんずれてしまい、結局終了も予定より40分ほど遅くなってしまい、さすがに双方ともヘロヘロ。

特に僕は「飲まなきゃやってやれない」という気持ちがあって、「終わった後、「先生、司会者ご苦労様でした」という俺の慰労の宴会を用意しておけ」と学生数名に言い渡しておいたのだが、その言い渡した学生を中心に北山の「又吉」で打ち上げを挙行(参加者はK川さん、T橋くん、I居くん、M本さん、T野くん、N見さん)。そういえば、僕は大体毎年有志を募って卒論中間発表の後は打ち上げに行くのだが、結構学生が真面目で意気消沈してそのままとぼとぼ帰ったり、ごく少人数だけがばらばらに打ち上げをやったりして、なかなか大人数で、というのはない。大体男の子と、留学とか留年とかして年がいっている神経の図太い連中(こういう表現したらK川さんから抗議を受けたが)と一緒に行くことが多い。まあ、終わったあと5時間近くも粘り、美味しいお酒を飲めました。僕もこのイヴェントが終わったので、4年生担任としての仕事も半分終わった気持ちでいます(実際、僕のゼミ生以外の学生に対しては、この中間発表が最初で最後の接触の機会だったりするのだ)。肩の荷が下りた。ふーっ。「今はしばし休め」とゲッセマネでいぎたなく弟子達が眠るのを見守るイエスの気持ちです(嘘)。僕自身が、ようやく平穏に寝られます。お休みなさい。

卒論中間発表会(初日) 

「やって来ました、試験の季節、たまにゃオヤジを喜ばそう(イェイ)」と歌ったのは横浜銀蝿ですが、本日と明日は「やって来ました、中間発表の季節、たまにゃ先生に叱られよう(イヤ)」というわけで、朝から夕方までびっちり、13名の卒論構想の現時点での成果を聞くイベントが開催された。僕は今年4年生の担任なので、自動的に司会者兼会場設営係。まず、いつもの僕にはあり得ないほど朝早くに登校して、守衛さんの所に行って、会場となる大学会館の多目的ホールというところの鍵をお借りして、マイクの準備をして、レジュメなどの配布物を一番後ろの机に並べて、3,4年生と同僚をお待ちする。

今年の学年は、去年のこのイベントが平穏無事に終わったので「中間発表ってこの程度で大丈夫なんだ」と舐めている可能性が大と言われ(ってぼくが言いふらしていた節もあるんだが)、担任の僕から見ても、どうも腰の定まらない奴が多いと思っていて、実は始まる前から、冷や冷やしていた。さあ、今日はどの先生の怒りが爆発するでしょうか、その「消火器」というか「国選弁護士」というか、そういう役目を僕は無事に果たすことができるでしょうか、というのが今日の懸案だったわけだが、結論から言うと、僕も、何人かの学生も気が抜けるほど穏やかに済んじゃいました。気が抜けたー。
なんだよー、2年前、3年前、4年前と結構「大変なこと」が起きたじゃないの。学生が意気消沈して打ち上げが中止になったり、何人か終わった後泣いたり、僕が何人かの学生を慰めに走ったりと、色々走馬燈のように蘇ってくるが、本日はそういうイベントも、死亡フラグも何もなし。
今日の発表終了後、喫煙場所で数名の学生と語ったが、「嵐の前の静けさで、今日溜めたマグマが明日爆発しそうで怖い」とびびる奴もいれば「僕たちの学年は元々期待値が低かったので、意外とできるじゃないと見逃してもらったのでは」という冷静な意見も。担任である僕も「そうだね、2割しか打てないと思ったら、2割5分打ったという感じかな」と追い打ちを掛ける。担任としての愛はありません。
まあ、ロクでもない発表に対しての怒りは正当なものだが、あまりに怒りの炎が強すぎて学生が丸焦げ、という例が数年前は多く、その発表の前後の学生まで類焼していたものだが、今年はそれもなし。何なのかな、同僚も年々丸くなっているのか?(そういうお年ではないと思うが)それとも単に、もしかして結構気分屋さんが多いって事?などとちょっと同僚批判めくことを思ってしまった僕なのでした。
明日も比較的無事に済んで、おちゃけが飲めますように・・・。

口頭試問無事終了!! 

今日で、卒業論文及び修士論文の口頭試問は全て終了。いやー、疲れた。月曜日から今日の木曜日まで、4日間ぶっ通しだったもんな。同僚の先生方もお疲れ様でした。でも、同僚の「ああ、試問しているとどんどん自分が意地悪になっていくのを感じて落ち込む。私はもっと平和的な人間のはずなのに~」という魂の叫び(?)には笑った。僕もねえ、論文指導と試問の時だけ、妙にアグレッシヴらしいです。mixiの後輩からの紹介文でも「辛辣なコメント」「剛柔あわせ持った発言」なんて言葉があるんだから、自分でも意識しないままに、そういう場面では毒を吐いているらしい。ごめんね。普段の僕は、皆さん知っての通り、フレンドリーな良い人間です。

さて、僕は卒論8本、修論2本を審査した。私立大学に比べれば、少ない方ではあるだろうが、けっこう自分で言うのも何だが真面目に面倒を見ているので、1月中は往生した(今年、指導したのは卒論6本、修論2本)。少人数の大学だから、そういうきめ細かい指導も「売り」の一つだしね。でも実際、指導していて疲れる一方ではなく、知らないことを教えてもらったり、その成長ぶりを温かく見守ったり(特に10月の中間発表でめちゃくちゃだった奴が成長しているだけで、目を細めてしまう)、楽しく嬉しいこともあったのだ。大学教員冥利とはこのことだと思う。

そして、卒業生諸君は自分の書いた卒論や修論を忘れ、それを指導した先生も忘れていくのだろう。それで良い。それが当然だ。「先生」とは、忘れ去られることに慣れてしまった人間の謂なのだから。まあ、僕たちも君たちのことを忘れてしまうのだから、お互い様かも知れないけどね。

卒論追い込みですね 

4回生の皆さん

こんなブログを読んでいる暇もないほど追いつめられていることと思います。ご愁傷様ですが、もはやここまで来てしまったら、ちょっとは開き直るつもりで最後まで走り抜くしかありません。

最後に敢えてきつい一言を。
我々教員は、自分の「劣化コピー」を見るよりは、多少ハチャメチャでも個性がきらりと光る論文を読むことを欲しています。まとめることも大事ですが、枠をはみ出しかねない「勢い」というのも実は読みたいものなのです。これは矛盾した要望であることは重々承知していますが、欲張りなものなのです、教員というのは(少なくとも、僕という教員は)。

ご健闘をお祈りします。

年末・年始の営業時間のお知らせ 

卒論・修論を抱えている皆さんへ

冬休みに入って、ますます追いつめられた気持ちになっていることと存じますが、いかがお過ごしでしょうか。

さて、さすがの僕も、年末年始は家族との関係もありますので、とりあえずお休みさせていただきたいと持っています。
まず12月31日から1月4日までは、僕の方も完全休業しますので、その間にメール等を送ってもらっても、恐らくお返事いたしませんので、悪しからず。5日から出勤して、通常の営業時間になる予定です。

それでは皆さん、よいお年を。
北野天満宮にでも行って、学業成就(論文完成)をお祈りしておくように。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。