スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サッカーにおける「差別」「対立」 

今日が今年度最後の学部ゼミ。
個人発表のラスト(トリ)を飾ってくれたのはおしゃけ(仮名)ことO澤S子さん。ゼミの議論中、何でもかんでもサッカーのたとえ話に「変換」してしまうほどのサッカーフリークである彼女が個人発表で選んだネタは、もちろんサッカー。でも「サッカー面白いよね」ではもちろん研究にならないので、ジダンの頭突き事件をはじめとした「サッカーにおける差別・対立・衝突」というタイトルで、今までサッカー界で問題となった人種差別、民族差別事件をいくつか取り上げ、それを考察する発表をしてくれた。
彼女が先週相談に来たときは、喋りたいことが一杯ありすぎて(彼女は元々思いついたことを全部吐き出さないと済まない質)、どうするのかと思ってちょっと心配していたのだが、僕が「差別問題に絞ったら」と言ったら、それなりにまとめてくれたので、一安心。
彼女が取り上げた事例は「2006年のワールドカップ時のジダンの頭突き事件」「ドイツとポーランドサポーターの衝突(2006)」「黒人選手差別問題(エトー、マルコ・ゾロ、ティエリ・アンリらに対する)」「セルビア人に対する偏見(ミハイロヴィッチやストイコヴィッチ)」「FIFAが取り組む反人種差別運動」など。聞けば聞くほど、根が深いな、この問題は。
今回の発表は、個々の事例の紹介で終わってしまった観もあったが、これからこの問題を追及するなら、各国の移民政策の温度差などを調べる必要があるだろう(特にドイツとフランスの対比など)。あと、黒人選手は、いつくらいからヨーロッパの有力クラブで活躍するようになったかという経緯や、サッカーというスポーツをめぐる「階級」問題も(イギリスなんかでは顕著だよね)、視野に入れて欲しい、なんて言うと、ちょっと贅沢か。

この一年間、ゼミ生の皆さん、お疲れ様&ありがとう。今年も楽しいゼミになったと思います(少なくとも僕は)。あとは、レポートを頑張ってくださいね。
スポンサーサイト

ヒロイン像の変遷 

今日は卒論の提出日だった。
というわけで「大仕事」を終えた4年生のリラックスした雰囲気に包まれながら、今年最初のゼミは始まった。

今日の発表者はOB澤さん。テーマは「(戦後少女マンガの)ヒロイン像(の変遷)」というものだった。
元ネタの本は、言わずと知れた藤本由香里さんのご本。

私の居場所はどこにあるの?―少女マンガが映す心のかたち 私の居場所はどこにあるの?―少女マンガが映す心のかたち
藤本 由香里 (1998/03)
学陽書房

この商品の詳細を見る


正直言って、OB澤さんの今日の発表は、この本の要約に終始してしまい、自分なりの意見とかまとめを出すには至っていなかった。引用の仕方も大雑把すぎるものだったので、きつめに叱る(彼女はどこまで判っただろうか?ちょっと不安)。藤本さんの紹介している膨大な作品を渉猟するなら、それなりに本腰を入れねば済まないし、何よりも今回の発表で致命的だったのは、OB澤さんが自分で何を明らかにしたいのか、自分の興味がどこにあるのかを明らかにできなかったことだった。

というわけで、レポートで挽回しないとダメだと説教し、この本も貸し付ける。巻末の論文や参考文献一覧を見て、使えるものを借りまくらないと追いつかないだろうな。

マンガの社会学 マンガの社会学
(2001/11)
世界思想社

この商品の詳細を見る

卒論追い込みですね 

4回生の皆さん

こんなブログを読んでいる暇もないほど追いつめられていることと思います。ご愁傷様ですが、もはやここまで来てしまったら、ちょっとは開き直るつもりで最後まで走り抜くしかありません。

最後に敢えてきつい一言を。
我々教員は、自分の「劣化コピー」を見るよりは、多少ハチャメチャでも個性がきらりと光る論文を読むことを欲しています。まとめることも大事ですが、枠をはみ出しかねない「勢い」というのも実は読みたいものなのです。これは矛盾した要望であることは重々承知していますが、欲張りなものなのです、教員というのは(少なくとも、僕という教員は)。

ご健闘をお祈りします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。