スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男子は着物を脱ぎ、女子は袴を穿く 

今日の発表者は4回生のF原さん。テーマは「近代小学校における洋装化の過程」というもの。明治、大正、昭和初期の小学校(対象としては京都市の公立小学校)において、児童の「洋装化」はどのような過程を経たか、そしてそれと並んで教える側の教師の洋装化はどのようなものだったか、というのが彼女のテーマ(これで卒論を書く)。

まず、児童・生徒の制服に関して、詰め襟とかセーラー服とか、そういう「軍隊」的なものの流入(まさに規律・権力)があったというのはこれまでも語られてきたし、外見からして予想が付くわけだが、彼女が今回主眼にしたのは「体操着」。体操着は端的に「動きやすさ」を求められるものであり、「洋装化」が進行しやすい分野であるし、「女子も身体を鍛えるべし」という近代教育の理念の反映もそこで確認できる恰好の対象だ。目の付け所はなかなかに良い。
彼女が引っ張ってきた資料の一つに「京都市第一高等小学校女児童体育ニ関スル実施状況(1906年)」というものがあった。この資料はなかなか面白く、女子児童の体格、体力が貧弱なのを問題視し、服装などの改善を求めている。この資料は、通常の登校着に関する議論を収めているわけだが、まだこの段階では金銭的な問題と洋装に対する違和感などが拭えなかったり、女子に対する「偏見」も残存していて、「和服の改良」という方向に進んだ事が確認できる。
再び体操着に戻ると、袴だったり、ワンピース型の服だったり、試行錯誤は続いている(ワンピース型の体操服なんて、今なら却っておしゃれな感じがする)。学校や地域によって実施はテンでバラバラで、洋装化は一気になされたのではなく、跛行的に行われた事が読み取れる。彼女によると、服装の変化がピークを迎えるのは大正末期頃らしく、女子スポーツの隆盛と歩調を合わせているという。しかし体操着の洋装化は男子が常に先行しており、女子は後れを取っていた。まとめると、男子は着物を脱いでいき、女子は着物に袴を重ねるというのがこの時代の変化のメインストリームだったといえる。

教員の方にも有意なジェンダー差があったという。端的な事例として、男性教員には制服(洋服)が支給されたが、女性教員には支給されず「品位を損ねないように」というお説教があるだけだったという(教員の男女比も気になるところだ)。一言で言えば、女性教員は洋服を着た男性教員の下で、袴姿で教えていた、という事になろうか。まあ、女性の校長先生が当たり前になったのだって、それほど遠い昔ではない。戦前では「洋服=権力」という図式がきれいに当てはまるのかも知れない、というのがF原さんの見立て。
同じく児童に対しても、男子には多くの被服が与えられているが、女子にはほとんど与えられていないという。うーん、あからさまだ。

彼女への要求としては、日本の服飾史の基礎をもう少ししっかり押さえて欲しいという事と(例えば洋服の制服がいつ、どこで初めて採用されたか、とか)、図版をもっと集めて、。ヴィジュアル面で分かり易い卒論を書いて欲しいという事だ。やっぱ、言葉だけでは今の我々は情けない事に、パッとイメージが浮かばないからね。
スポンサーサイト

ジャズはどのように語られてきたか 

今日の発表者はW竹君。彼は元大学のジャズ研にいた経歴を生かして(?)、卒論のテーマを「日本におけるジャズの受容」というのに決めた。今日はその中間報告という趣。
前回の「卒論中間発表会」で彼は70年代以前のジャズ言説を追っていたのだが、今回は80年代以降を中心に調べた。
まあ、ぼくもそこそこジャズは好きで良く聞いているが、実は僕は「スタンダードナンバー」やら「古典」と言われるのを聞き込んで勉強した、ということはない。実際、僕がジャズに目覚めたのは、澤野工房のようなヨーロピアンジャズからで、黒人文化の一つとしてのジャズ、というのは全く意識していないのだ。ただ、僕のようなジャズファンがでてくるのは恐らく新しい現象だろう。彼の発表で述べられていたように、ジャズは大体10年ごとに流行というか、新しいスタイルが生まれるもので、それらの積み重ねを知っていないと、いっぱしのジャズファン面はできないものだ(僕はそういうのがダメで、その古典のお勉強を断念したのだ)。
要するに、僕が思うに、W竹君の引いてきた言説を読むと、ジャズの「クラッシック化」というか「教養化」の過程が見て取れ、それが「ジャズに本来あった(とされる)生命力や革新性」を削いでいる(そして教養化がますます敷居を高くして、新しいファンを開拓できなくしている。それはジャズ喫茶の衰退などからも明らかであろう)、というのがどうも共通認識のようだ。
要するに、60~70年代くらいまではあった「思想としてのジャズ」というものが無効化されたのかも知れない。これはジャズが様々なフィールドで使用され、インテリア化していくのに伴う不可逆な変化であったと言えるかも、と思った。
恐らく使えないだろうけど、アドルノのジャズ嫌いなんかは彼のヒントにはならないかなあ、なんてことも思った(今手元に本がないので、何とも言えぬが)。
でも、ちょっと驚いたのが、こういうマニアックな発表でもみんな食い付く。僕の予想を超えて質問がたくさん出て、予定時間をオーヴァーしてしまった。特に驚いたのは、普段余り喋らないK山さんやHさんが、「私、元吹奏楽部なんですけど」とカミングアウトして、質問したこと。
ともかく、書きかけの卒論を早めに持ってくるようにといって、ゼミは終了。
その後は今日が僕の誕生日だと言うこともあって、ゼミコンパをして騒いで帰る。

「可愛い」は褒め言葉になるか 

「可愛い」は普通褒め言葉だが、例えば小さな男の子に使ったり、怒っている恋人をなだめる時に、まるで子供扱いする時に使ってしまうと思わぬ反撃を喰う事がある。
これは別に今の話ではなく、どうも江戸時代もそうだったらしい。
今日のK本さんの発表は「『春色梅児誉美(しゅんしょくうめごよみ)』における「かはゆし」をめぐる一考察」(まあ、これがそのまま卒論のタイトルになるのだろうね)というもので、江戸時代の人情本の一つである『春色梅児誉美』(これは僕も知らなかったけど、結構長編で、古典大系では独立した巻となっているくらい)のヒロインに対してどのような形容詞が使われているか、特に「かはゆい(かはゆらしい・かはいい・かはい)」という言葉に注目して、その使われ方と内容を振り返ってみるという趣の発表。僕は全く知らない世界。永井荷風も読まないもんね。江戸っ子だって、べらぼうめ、こちとら堺っ子よ。
この物語のストーリーは、彼女の要約をこれまた僕が要約すると、色男の丹治郎が、許嫁、花魁、芸者など色んな女に愛され貢がれ、背負っていた借金とかも結局チャラになり、悪人はみな滅びハッピーエンド、という内容。うーん、江戸時代の人情本って凄い世界だ。あの時代のハーレクインだね(違います)。
彼女の発表は専門性が高く、僕などがなかなかツッコミを入れる事はできなかったのだが、少なくとも彼女がこの作品を大変に読み込んで、知識を蓄えていることは伝わった。
僕のした質問は
(1)それぞれの女性キャラを一言で表すような形容詞はそれぞれ想定されるのか(小池一夫先生的に言うと「キャラ立ち」させられているか)。→そこまでは調べられていない
(2)恋愛小説の嚆矢、という評価がされているとの事だが「色」と「恋愛」は違うのではないか?→プラトニック・ラブを貫いて最後ハッピーエンド、というのは、「恋愛小説」と呼んで差し支えないのではないか(佐伯順子先生もそういっているそうな)。
(3)敵役の芸者「仇吉(あだきち)」という名前は、やはり「婀娜っぽい」という形容詞からのダジャレか?→深川芸者の「婀娜っぽさ」「意気地」というのはほとんどセットなので、あり得るかも
(4)この物語の「筋(道徳的価値)」は「貞操を硬くしていれば、きっと最後に愛は勝つ(KAN)」とか、そういう事なのか?→そういうことである。
など。
僕や他の学生の的を外した感じの質問にも的確に答えていた彼女。これからは、今後自分の研究をどう広げていくか(彼女は大学院を志望しているのだ)という事もそろそろ考えて欲しい(例えば、大学院に入って、その延長線上の事をするのかしないのか、という事を含めて)。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。