スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゼミラスト!! 

今日は、2007年度最後の学部ゼミ。もうすぐテスト前でみんなも忙しいし、僕も早く授業から解放されたいという下心で、来週を休みにして、ダブルヘッダーを組んでしまう。
今日の発表はK浦さんとK山さん。
まずはK浦さんの発表だが、彼女が発表者のくせに遅刻したので(僕のゼミでは、原則発表者及びコメンテーターの遅刻・ドタキャンは認めません。当たり前だが)、その説教からスタートという、僕にとっては不本意な開始(最後の最後で、こういうしょーもないことで説教させるんじゃないよ・・・バカバカしい)。彼女の発表は「現代社会における化粧の意味」というもの。このタイトルが、内容の全てをある意味語っているとも言えるのだが、社会心理学方面から行われた化粧に関する実験とその結果をある書物から幾つか紹介して(その本一冊に頼りすぎたのも、ちょっと今回の発表の瑕疵)、化粧の社会性をどのように考えるか、というのが彼女の発表の目的だった、と思うのだが、残念ながら、今日は先行研究の要約だけで終わってしまい、それに対する彼女の意見が殆ど見られなかったのが惜しまれる。ただし、「化粧」という題材ゆえに、女子が結構議論を白熱させてくれた(笑)。バイト先での化粧のコードはこうだったとか、就職活動の時はこうしたとか、寝坊してノーメークで大学に向かう時はつい電車の中で俯きがちになってしまうとか、飲み屋で見知らぬオッサンに「もっとちゃんと化粧しろ」とか余計なこと言われたとか、そういう体験談はボロボロ出てくる。僕としては、その体験談を貫いている「何か」にまで突っ込んで欲しかったが、なかなかそうもいかない(僕自身も、良くその正体はわからない)。コメンテーターのH川君から「化粧が虚飾と見える時はどんなときか」というような問題提起がなされたが、僕がそれをあまりにも主観的すぎるし、汚い素顔を晒して平気な男のジェンダーの上にあぐらをかいた意見だとたしなめてしまう(どうしても「化粧」という営みはジェンダー的なものを抜きにして語ることは出来ない)。

K山さんの発表は「小学校における歴史教科書の移り変わり―明治から終戦まで―」というもの。彼女は元々日韓の歴史教科書問題に関心を持っていたのだが、そもそも日本の歴史教科書はどのように変化していったのか、という方面に関心をシフトして、こういう今回のような発表を行うことになった。まず明治から昭和初期までの小学校制度の変遷を追い、その後、歴史教育の変遷を追うという構成だった。僕も知らなかったのだが、戦前の歴史教科書も最初は国定ではなく、国定になったのは明治末期だったそうだ(しかも、教科書会社と文部省の間の贈収賄事件が絡んでいたらしい。昔からしょうがないよなあ)。戦前の小学校における歴史教育は当然ながら「日本史(国史、という名称に大正デモクラシー期に変更されたことにも注意が必要)」中心で、天皇家中心の「人物評伝(紀伝体的なものだろう)」が中心であったそうな(ヘルベルト学派というのがあって、この学派が歴史は人物の伝記によって教えるのが望ましいという理論を持っていて、その影響もあったそうだ。要するに単なる紀伝体の伝統だけでなく、恐らくドイツのハイカラな理論でそのお墨付きが加わり、そのような記述になっていったのだろう)。その国定教科書も、時代が進むにつれ内容がどんどん「皇国史観」化していったのは周知の通り。
この発表に対して僕から、いわゆる「史学史」的な研究、つまりどのように日本史学が変化していき、教科書の記述もそれにシンクロしていったか、という視座から研究を進めるべきことと、教科書の本文を読み、どのような人物が取り上げられているか、時代によって取り上げられる人物の変化などはあるかを調べてみては、とアドヴァイスする。

終わった時は既に夜の7時半。さすがの長丁場に、みんなもぐったり。僕も酒でも飲まなきゃやってられない気分になったので、突発的だが「今晩暇な人は打ち上げしにいきましょう」と誘い、6名の諸君(A根くん、K川くん、N山さん、Hさん、O澤(しゃけ)さん、H川くん)が付いてきてくれた。このメンツで、大学近くの「KOYAJI」に行き、結局終電まで飲んでしまう。

ゼミ生の皆さん、この一年間お疲れ様でした。僕も君たちの勝手極まる(笑)様々な発表で、色々耳学問させてもらいました。ありがとう。
あとはレポートですね。力作を期待しています。では、今度は恐らくゼミレポートの提出日にお会いすることになるでしょう。それではまた。
スポンサーサイト

「アメリカ」という国と宗教 

今日の発表はN山さん。発表題目は「“アメリカの原理主義”について」というもの。アメリカで目立つファンダメンタリズムを中心に、アメリカという国と宗教の関係を視野に入れた発表だった。
アメリカは「自由」「平等」という国是を宗教的信念のように堅持しているが、そのバックグラウンドとしては、いささか「神話化」された建国の物語、すなわち宗教的自由や平等を求めてさすらい、アメリカに辿り着いた「巡礼者(プリグリム・ファーザーズ)」たちの子孫であるというセルフイメージあることも様々な識者が指摘しているところであろう(このような指摘の嚆矢として、トクヴィルが思い浮かぶであろう)。そのバックグラウンドに対してルソー以来の「市民宗教civil religion」という用語を当てはめたのが、かのロバート・ベラーであり、彼の指摘は現在様々に批判されつつ継承されているが、ユダヤ・キリスト教的な伝統がアメリカの紐帯の一部をなしていることはほぼ疑いのないところであろう。N山さんはまずこうした背景を説明しつつ、現在アメリカを二分する問題となっている「妊娠中絶」「同性婚」を取り上げ、それぞれの賛成・反対を支えるグループと宗教の関係、つまり保守的なプロテスタントとリベラルなプロテスタントの対立を二、三の資料から要約して紹介した。
彼女のアメリカの「原理主義」についての説明は簡にして要をついており、なかなか優れた要約だったが、それについての自分の意見を出すというところにはなかなか行き着かなかったのが惜しまれる(まあ、このテーマではそういうところまで行くのは簡単ではないが)。僕からのアドヴァイスとして、カトリックの動きにも目を配ること(プロライフ派の中心の一つ)、ナショナリズムとの関係をもう少し考えること、民主党と共和党、もしくは福音派とリベラル派に共通するもの(これこそアメリカの市民宗教なわけだが)をもう一度考えることなどをいって、今日は終了。

卒論無事提出!! 

どうなることかと思っていた今年の卒業論文、無事全員が提出を果たした。学年担任としては肩の荷が下りた感じがする。先週の学科会議で各先生から語られた恐怖の進捗状況からよくも持ち直したものだ(今だから言うが、先週の会議で「あの子、本当に書けるのか」と心配されていた面々は片手では足りない)。まるで政治家のように「私の不徳のいたすところであります」なんて担任として謝らずに済んだぜ。まあ、みんな出したことは出したが、その内容が重要なのは言うまでもないんだけどさ。今はそれを言うまい。
ちなみに今年、僕が指導した学生諸君の卒論タイトルを列挙すれば以下の通り。

・I子さん 「世界連邦運動」―その歴史と現状―
・O澤Aさん 犯罪に見る現代の対人感情の在り方について―現代社会が抱える「問題点」の語られ方を中心に―
・O澤Sさん 報道傾向から見る各マスメディアのスポーツに対する価値観の違い―ジダンの頭突き事件とそれを巡る報道からの一考察―
・OB澤さん マンガのなかのジェンダー観
・T野さん ジャーナリズムの「職業倫理」を模索する―事件報道にみる発達障害―
・H沖さん 文明開化期の法制度による庶民生活の変化
・F原さん 近代小学校における洋装化の過程―京都市を例にして
・Y村さん 「国家神道」の成立と民衆への影響
・W竹君 日本におけるジャズの受容


以上9名。毎年言っているけど、今年は特にバラバラさ加減がひどい。色んな知識を学生から与えられた、と麗しく表現したいところだが、お互い手探り状態であったのは否めない。
ともあれ、君たちもゆっくり休みなさい(それどころか、打ち上げしているころだろうけど)。
僕も久しぶりに人間らしくちょっと休ませてもらうよ。

仏蘭西・地蔵盆 

今日は新年初めてのゼミ。
月曜日の補講日ということで今日は月曜の授業なわけだが、いきなり日程の関係上ダブルヘッダー。冬休みボケのリハビリにはちときつかったかな(お互い)。
今日のタイトルはまるで椎名林檎みたいになってしまったが、今日の発表のネタを無理矢理くっつけるとこうなっただけで、他意はない。

まずトップバッターはHさん。彼女の発表タイトルは「近代日本人のフランス観のはじまり―『米欧回覧実記』における文化的要素の記述」というもの。こうやって書き写すと、えらく硬いタイトルだな。
内容はタイトルにあるように、例の岩倉使節団の一員だった久米邦武が著した『米欧回覧実記』からフランス滞在時の記述の中から、当時の日本人(久米)がどのようなフランスの文物に注目しているのか、という点を中心に考察したもの。Hさんの見立てでは、この時期のフランス観、パリ観が結構尾を引いて「日本人のフランス観」の濫觴というか、端緒となっているのでは、というのである。
発表としては、まず岩倉使節団が訪れた頃のフランスを状況を説明し(第三共和国の初期)、その後具体的に久米の記述の中から「フランスってすごいなあ」と感心している部分を抜粋して紹介。僕はこの辺りは殆ど知らないのだが、使節団に関する先行研究をもっと発掘することと(汗牛充棟とはいわないが、結構あるはず)、彼らがあこがれたフランスはどのように形成されたのか、というフランス側の事情も少し調べるようにとアドヴァイス(僕の脳裏にあったのは、加島茂先生のナポレオン三世の伝記や、近代パリを作った名知事オスマンの活躍など)。あと、近代日本は、欧米諸国からそれぞれの「得意分野」を別々に輸入してモザイク状に近代化を推し進めていったが(法律にしても憲法はプロイセンで、民法や商法はフランスのナポレオン法典とか、音楽はドイツやイタリアとか、工業技術は英米・・・という具合に)、当時の日本は、何の分野に関して「これに関してならフランス」と太鼓判を押していたのかを調べてみたらともコメントした。

二人目はF田さん。発表タイトルは「現代の地蔵盆の在り方について―市内の地蔵盆を中心に」というもの。これだけ民俗学的な発表って、これまでの僕のゼミでも少なかったよなあ。彼女は京都生まれの京都育ちの地元っ子で、「地蔵盆」という京都を中心とする風習が現在どれだけ残っているか、どのように運営されているかという問題設定をもとに、多くの人にインタビューしてその結果をまとめてくれた。これが大変興味深い。まずはお祖母さんや伯母さんという身内のインフォーマントや市関係者から実施の状況を聴き、自分の同世代がどのような地蔵盆を経験してきたかを20数名に訊いて周り、最後に、何とお地蔵さんの無い町内に石像を貸し出している「レンタル地蔵」の大元、壬生寺の住職さんにもその実態を訊いてきた。これが非常に興味深かった。壬生寺からお地蔵様をお借りしている地蔵盆の具体例として、F田さんに教えてもらったこのブログを参照のこと。
民俗学的な調査報告なので、こちらとしては「ほほう、そうですか」と聞き入るしかないわけだが、ゼミのメンバーが「うちの場合は」という具合にその場でインフォーマントになったり、地域差が非常に感じられ、これもまた民俗学的な研究の醍醐味だなあ、と嬉しくなってしまった(地域差にばかりこだわると、それもトリビアになってしまいまずいのだが)。コメントでは、世俗化されて宗教性が消えた地蔵盆はこれからどうなるのか、もしかしたら「地蔵盆」と名乗らずに既に「夏祭り」とか、そういう名称になって地蔵盆であったこともかき消えているのではないか、という疑問が出された。それをすぐに調べる術はないが、僕からは、その「夏祭り」の日程が元の地蔵盆(8月23、24日ごろ)と重なっているならそれは「地蔵盆」の名残という蓋然性が高いのではないか、逆に日取りが違えばそれは最近考え出された新しい「祭り」である可能性が高いのではないかとアドヴァイス。
ちなみに、僕が今住んでいる町内でも地蔵盆はやっていますね。僕は子供もいませんが、しっかりお金は払っています(祭りのあとに洗剤やらティッシュなどをもらいます)。
とにかく、大変しっかり調べた発表で感心。僕が3年生の時、こんなにちゃんとしてなかったかも。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。