スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Muslim in U.S.A. 

今日の発表はT原さん。コメントと司会はS原さん。T原さんの発表は「アメリカにおけるイスラーム組織による活動─非イスラーム教徒との相互理解に向けて」というもので、タイトルの通り、アメリカ合衆国に存在する複数のイスラーム組織を紹介し、その活動や相互関係などをざっと見たもの。日本にはなかなか類書がないので、調べるのは大変だっただろう。とりあえず僕が貸した本は以下のもの。
宗教に分裂するアメリカ宗教に分裂するアメリカ
(2005/06/02)
ダイアナ・L. エック

商品詳細を見る

私はアメリカのイスラム教徒私はアメリカのイスラム教徒
(2002/02/20)
アスマ・グル ハサン

商品詳細を見る

僕もこのあたりの動きは全く知らず、基本的に事実関係は彼女に教えられる一方だが、学生諸君からも、事実関係、データの羅列の発表に少し不満を抱いたのも確か。要するに、分析部分が少し足りないのだ。このことは先週の相談の時も少し指摘したのだが、やはりまだ分析の元となる状況証拠を集めきるに到っていないことが原因。例えば、様々なグループの公式見解を集めて、どのような方針を持っているかなどの「声」が聞こえてこなかったことも、みんなが不満を持った大きな理由だろう。また、エスニシティとムスリムコミュニティの相関関係を上手く説明できていなかったことも惜しまれる(僕が質問したのは、シーア派コミュニティにおけるイラン系の動向とか)。
しかし、目の付け所は良いし、頑張ればそれだけでオリジナリティが出る素材だから、一歩一歩しっかりデータを分析していって欲しい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bubukoseminar.blog15.fc2.com/tb.php/185-fcf0b4ea

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。