スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

若者「右傾化」論の皮膜 

今日の発表者はK坂君。コメントと司会はH野君。発表タイトルは「「若者右傾化」論の批判的検討」というもので、90年代半ばから日本全体が右傾化し、特に若者の右傾化が目立つとされてきたこれまでの「言説」をもう一つメタに見てみようという試みと言えるだろう。ということで、これはある意味、後藤和智氏のような「若者論」論の一つ、といえる。
「若者論」を疑え! (宝島社新書 265)「若者論」を疑え! (宝島社新書 265)
(2008/04/09)
後藤 和智

商品詳細を見る

彼は主に朝日新聞の記事などを参照にしながら、その言説の「盛衰」をクロノロジカルに観察しようとしている。あんな例も、こんな例も、という手法は、ある意味小熊チック(笑)とも言えるが、言説分析をしようと思ったら、ある程度の「量」をこなさないと話にならないのも確か。
“癒し”のナショナリズム―草の根保守運動の実証研究“癒し”のナショナリズム―草の根保守運動の実証研究
(2003/05)
小熊 英二、上野 陽子 他

商品詳細を見る

1968〈上〉若者たちの叛乱とその背景1968〈上〉若者たちの叛乱とその背景
(2009/07)
小熊 英二

商品詳細を見る

今日の発表は論理的な破綻が無く、みんなも突っ込むのに苦労していたようだが、今後はどうやって先人たちを超えるオリジナリティを出すか、だな(どんなにできの良い卒論にも言えるのだけど)。
以下の本は彼が参照にした代表的なものだが、みんな、僕のネット上の知り合いなんだよね(実際にお会いしたことはないけど、メールやブログでの交流はある)。
嗤う日本の「ナショナリズム」 (NHKブックス)嗤う日本の「ナショナリズム」 (NHKブックス)
(2005/02)
北田 暁大

商品詳細を見る

不安型ナショナリズムの時代―日韓中のネット世代が憎みあう本当の理由 (新書y)不安型ナショナリズムの時代―日韓中のネット世代が憎みあう本当の理由 (新書y)
(2006/04)
高原 基彰

商品詳細を見る

カーニヴァル化する社会 (講談社現代新書)カーニヴァル化する社会 (講談社現代新書)
(2005/05/19)
鈴木 謙介

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bubukoseminar.blog15.fc2.com/tb.php/186-0e79a305

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。