スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さよなら、「ゼミ合宿」よ 

深夜まで飲んで騒ぎ、翌朝這々の体で起きて朝ご飯を流し込み、残りの発表を聞くという、例年通りの二日目の朝。
それでも複数の女子学生は、メイクもばっちり。むさ苦しいすっぴん及び無精ひげで堂々としていられる男子とは、やはり気合いが違う(良いか悪いかは別にして)。

二日目最初の発表はF田さんの「明治京都の景観問題と琵琶湖疎水」というもの。彼女は明治の大事業といわれる「琵琶湖疎水」がどのように計画され、周りの景観に影響を与え、そして今日それ自身が「文化的景観」とされるようになってきたか(蹴上の水道橋なんか、船越英一郎がいつでもいそうな感じがするくらい、京都の風景、となっている)、という問題設定で、歴史を色々調べているところ。確かに色々調べてはいるのだが、「こういう計画だった」「こういうことが言われた」というのは判ったが、結局「結果はどうだったのか」ということがいまいち判りづらい、というのがみんなの意見であり、僕も同意して、章立てやタイトルを再考するように求める。
RIMG0949.jpg

そして最後の発表者はOS木さん。発表題目は「江戸時代の仲人―『世間仲人気質』を中心とした比較から」。彼女は江戸時代の文藝をやっているので、本来の指導教員は僕ではないが、時々彼女のように「二つ目のゼミは楽しみたい(?)」というのが毎年のようにいるんだよね。彼女は、当時の仲人に関するイメージの変遷を浮世草子や雑俳、教訓書、礼法書などから探し出し、「気質物(かたぎもの)」と呼ばれるジャンルの中から『世間仲人気質』という作品を取り上げ、ネガティブなイメージが多い中、それなりの肯定的な評価も含んだオムニバス形式のこの物語を読み込もうとしていた。僕は当然ろくなアドバイスはできないのだけど、『世間仲人気質』が様々な仲人イメージのいわば結節点になっているという方向で考えたら、とは申し上げた。
RIMG0958.jpg

今日、最後の発表が終わった後、僕は心の底から学生諸君に感謝の言葉を述べた。僕はこの大学でゼミを持って8年目だが、いつも僕が一番楽しませてもらった。本当にぼくは学生に恵まれたと思う。僕が教員生活を始めたこの大学で、このような幸せな経験を積ませてもらったことは、今後も僕の回帰するべき「原点」となるだろう。
さすがに涙は出なかったが(これからの卒論指導を思うと、そんなものは出ない)、しみじみ寂しい。
英語学専攻の同僚が、この前の卒業式の時におっしゃっていた「I am proud of you.」という言葉、一足早いが皆さんに捧げます。本当にありがとう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bubukoseminar.blog15.fc2.com/tb.php/190-7c36256a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。